組織に活力を与える習慣
*
ホーム > できること > 何だか違和感

何だか違和感

この前プロペシアの効果を頼まれて調べていたんだけど、そんな時に見たネットの記事でふと思った違和感がある。原爆の犠牲者の追悼式とか見たときも同じ違和感を感じるんだけど、亡くなった方々の気持ちに寄り添い、ご冥福をお祈りし、「安らかにお眠り下さい」と思うのは良いのだけれど、「二度とこのようなことは繰り返しません」と被害者側の立場に「ならずに済んだ」子どもたちに誓わせるのは何なのか。 

原爆ドームでアメリカの大統領ではなく、日本の子どもが「過ちは繰り返しません」と誓わされるのはなんなんだ? 

原爆の被害者は何か悪いことしたの?戦争のご時世に逆らえなかったから犠牲になったの?違うでしょ! 

なのにどうして子どもたちに誓わせるの?大人がまず誓い、加害者側が反省を約束しなきゃ、被害者側の誓いなんか無意味じゃないの? 

 

この事件の追悼も、「ここで怖い思い、痛い思いをした子がいた」ことを忘れてはいけないのは、池田小の子どもたちではない。 

学校の指導者、セキュリティ、犯人のように鬱屈した気持ちを持ちそうになっている人たち、鬱屈した気持ちを育てる人を加速させぬようにすべての人が思いをはせるべきだけれど、一番被害者の痛みを想像できるであろう同じ学校の子どもたちに 率先して誓わせるってなんかおかしくないか? 

 

こういう追悼になるとよく「生き残った者のつとめとして…」というようなことを言っている(言わされている)子どもがいるが、「生きのこったからがんばらなきゃ」なんておかしいじゃないか。 

がんばらなくてても生きてるだけですばらしい命を唐突に奪われた事件だから追悼するんじゃないか。 

おかしい、気味が悪い、と思ってしまう。 

 

「悲しかったね、苦しかったでしょう、楽になってね、ゆっくりねむってね」と犠牲者に思いをはせてお祈りするのはいいことだと思うけど、犠牲者側の子どもたちには「生きているだけで犠牲者より恵まれているからその分がんばらなきゃ」なんて思わず、のびのび命を謳歌してほしい。


関連記事

産後ダイエットで気になる子供への影響と酵素
産後ダイエット中です。あと2キロの壁がなかなか越えられず、何か新たなダイエットに...
何だか違和感
この前プロペシアの効果を頼まれて調べていたんだけど、そんな時に見たネットの記事で...
シミやシワ、たるみなど肌の老化を予防
紫外線は美肌によくないことは今や常識となっていますが、きとんとした紫外線対策を行...
テスト
テスト記事です。...